Top Gun - 新作「トップガン」は日台の国旗を排除?

topgun.png 映画『トップガン』の続編、『トップガン・マーヴェリック』が話題です!
中身もさることながら、トム・クルーズが着用しているジャケットに、日本と台湾の国旗がなくなったとファンが指摘しています!

確かになくなっていますね。

Maverick is wearing the same leather jacket - only this time it’s Communist Party of China-approved, so the Japanese and Taiwanese flag patches are gone
マーヴェリックは(前作と)同じレザージャケットを着ているが、今回は中国共産党が承認したもの。だから日本と台湾の国旗のパッチはなくなっている。
 communist  共産主義の
 approve  
承認する




中国共産党がこの映画に関係あるのでしょうか?
記事から英語を拾ってみましょう。
One possible reason for the difference could be that “Top Gun: Maverick” is being produced, in part, by Tencent Pictures, a Chinese film distributor and production company.
この違いの理由のひとつは、おそらく「トップガン・マーヴェリック」は中国の映画配給・制作会社のテンセント・ピクチャーズによって一部制作されているからだ。
 in part  部分的に
 distributor  配給会社

China and Japan have long had a tumultuous relationship, and though bilateral ties have improved in recent months, the two wartime enemies continue to have grievances over historical and territorial issues.
中国と日本は長らく激しい関係にあり、二国間関係はここ数ヵ月で改善したが、戦時中の敵国同士だった両国は、歴史や領土問題でいがみ合い続けている。
 tumultuous  激しい、激動の
 grievance  不満、苦情、怒り


仮にここで言われていることが事実とすれば、映画の世界に政治を持ち込まないでほしいですね。制作側として器が小さいと思います。
Related Entries

0 Comments

Post a comment