世界の旬な#ハッシュタグ - #SelfieForJoel

#SelfieForJoel

今回は海外のSNSを見ていく上で、とても勉強になりました。
アメリカでは、#SelfieForJoelというハッシュタグが話題になっているようですが、イマイチ事情がわかりません。
どうも、「Joelのためにセルフィー画像を投稿してね」と呼びかけているようなのですが。



調べていくうちに、呼びかけている彼、Joel Pimentel(ジョエル・ピメンテル)は、CNCOという南米発のボーイズ・グループのメンバーで、人気上昇中の芸能人であることが判明。
私にはピンと来ないはずです(´∀`*;)ゞ

このCNCO、日本でも来月にデビューするそうですね。
関連記事
スペイン語でラテンのノリなので、これはこれで面白いですね。



今回のように、自分が全く疎い話でも、トレンディングしているハッシュタグを調べていくといろんなことがわかりますね。SNSの奥は深いです。

ひとつ感じるのは、全米でラテン系の音楽が人気であることの社会的背景です。
トランプ大統領は、不法移民をシャットアウトする政策を掲げてきましたが、裏を返せばそれだけヒスパニック系の人口が増えているということ。彼らの耳になじみのよい音楽が流行るのも自然な流れでしょう。

「アメリカ人」の実質的な構成は、歴史とともに常に変化してきましたが、今の流れは大統領ですら竿を刺すこともできないほど大きなものになっているのです。

0 Comments

Post a comment