FC2ブログ

mull - コロナ入国制限の緩和を「検討」・加藤官房長官

mull.png
コロナ感染拡大の防止は重要なことですが、国際的な人の往来を再開していくことも同じくらい重要であることに、人々も気づいてきたと思います。

国内世論をにらみながらではありますが、政府も制限緩和の検討をしていくようです。


 mull 
検討する


今回は、恐らくみなさんのなじみが薄い動詞、mull を見ておきましょう。

ニュース英語において mull は、基本的に見出し用語と考えてよいと思います。

ヘッドラインではよく見かけますが、本文で使われる「検討する」は、consider, study, discuss
などが断然多い
と思います。

例をいくつか見てみましょう。

Japan mulls easing COVID-19 entry restrictions from Oct
日本は10月からCOVID-19の入国制限の緩和を検討


Pandemic forces organizers to mull options for 2025 Osaka Expo
(コロナの)世界的な感染拡大で、2025年大阪万博の主催者は複数の選択肢を検討

この  mull options  は、いろんな選択肢を比較検討するという決まった表現ですので覚えてみてください。



今年は実にたくさんの国際会議や国際イベントがお流れになりました。いろんなビジネスや学習の機会を逃してしまった人も多いと思います。

with コロナか after コロナかはわかりませんが、早く国境を越えた交流ができるようになってほしいと思います。

snap election - 菅首相による衆院解散総選挙の行方は?

snapelec.png
結局、「今なら勝てそうなので解散」なのでしょうか?

菅内閣の支持率が6~7割となっていることから、コロナ対策や経済対策もそっちのけなのでしょうか?


 snap election 
解散総選挙


おそらくこう思う人が多いに違いありません。「解散」の英語は?「総選挙」の英語は?

心配はいりません。snap election 自体の定義を考えればわかるのです。

A snap election in a parliamentary system is called to capitalize on an unusual electoral opportunity or to decide a pressing issue, under circumstances when an election is not required by law or convention.

国会制度における snap election とは、法や慣例で求められていない状況で、通常ではない選挙の機会をとらえて行われたり、喫緊の問題に判断を下す場合に行われる選挙である。

日本の選挙制度で考えれば、ここに「解散」の意味も含まれています。また、首相が解散できるのは衆議院だけですから、「総選挙」general election とわざわざ言わなくても「衆議院選挙」のことなのです。

snap には「急に動く・キビキビ動く・即座に行動する」などの意味があり、ここから「首相の判断で急に行う選挙」として snap election が使われているのです。

call a snap election 解散総選挙を行う

と言い切る自信がない人は、説明的に

dissolve the Lower House and call a general election
衆議院を解散し、総選挙を行う

とすれば安心できると思います。



解散総選挙スケジュールについては、すでに10月、11月、年初の通常国会冒頭など、いくつかのシナリオが噂されています。

しかし、菅内閣は「選挙管理内閣」にすぎないものだったのかと言われないよう、国民のための施策を実行していただきたいものです。

disguise - 国勢調査「なりすまし」、かたり調査に注意!

naris.png
みなさんのお宅にも、この紙が来ましたか?

5年に1度の国勢調査が始まりました。一方で、個人情報を聞き出すために調査員になりすました不審者が出ているともいわれています。


 なりすまし 
(なりすます)
disguise


今回は「なりすまし」にあたる英語表現を見ておきましょう。

その前に、まずはこれ。

 census  国勢調査

census だけでも通じますが、national census としても大丈夫です。

次に

 disguise (外見を)変装させる・扮装させる

で「なりすます」に相当します。注意が必要なのは、disguise は他動詞であること。

「自分が~になりすます」であれば、oneself を目的語にとって再帰的に表現します。

The con artist disguised himself as a census worker.
その詐欺師は、国勢調査員になりすました。

また、 in disguise  なりすまして・装って

という表現も補語としてよく使われます。

a good guy in disguise 善人を装った男

disguise はネガティブなことばかりではありません。ちょっとウイットの効いたこのような表現もあるのです。

 blessing in disguise  
一見不運に見えるが、実は幸運であること

災い転じて福となす」ということわざに置き換えることができます。

The bankruptcy of his company was a harsh experience for him but later proved to be a blessing in disguise.
彼の会社の倒産は辛い経験であったが、後に災い転じて福となった。



ちなみに、「なりすまし」でしで調べてみると

 spoof  なりすます
 spoofing  
なりすますこと

という単語も出てきます。ただし、これはネットで他人のIDになりすますことが主な意味ですので、国勢調査員の外見を装ってなりすますこととは違います。ご注意ください。


fertility treatment - 菅内閣の看板政策「不妊治療の保険適用」

fertillity.png
菅義偉・新首相氏が、不妊治療への保険適用を看板政策として打ち出しました!

日本の少子化に歯止めをかけることはできるのでしょうか?


 fertility treatment 
不妊治療


覚えてしまえばそれほど大変ではありません。

 fertility  子を産み、育てる能力・繁殖力

といった意味の単語です。これに

 treatment  治療

が組み合わさったものです。ちなみに、fertility に似た形容詞で

 fertile  土地が肥えた・肥沃な・繁殖力のある

も関連づけて覚えてみてください。

一方「保険適用」って英語でどういうのでしょうか?

 covered by public health insurance 
公的健康保険でまかなわれる

くらいが平易で良いと思います。この場合の保険は、あくまでも公的な(public)ものでなければなりません。また「適用」は妙に apply などを使わなくても cover で大丈夫なのです。

Japan's Suga says important to cover fertility treatment by national insurance
日本の菅氏は、国の保険で不妊治療をまかなうことが重要だと述べる



安倍政権時代ですが、政府の少子化対策としては「幼保無償化」も話題になりました。



みなさんはこの不妊治療対策をどうご覧になるでしょうか?不妊治療の費用を公的保険で助成することは、当事者としてご苦労されているご夫婦にはとても重要なことに違いはありません。

しかし、少子化対策の根本的な解決のためには、なぜ多くの夫婦が子を産み育てようと思わない(思えない)のかを分析しなければなりません。

そこには個々の生き方だけではなく、日本という国の社会や経済のありかた自体に将来不安があるのではないでしょうか?


women's empowerment - 菅内閣、「女性の社会進出」は本気か?女性閣僚は2人だけ

w-empower.png
男ばかりの政治の世界は今回も変わりませんでした!

菅新内閣での女性閣僚の登用は2人だけ。退陣した安倍内閣からさらに1人減っているのです。


 women's empowerment 
女性の社会進出


今回は、とらえどころが難しい、empower というワードを見ておきましょう。

power が「力・活力・パワー」であることは言うまでもありませんが、接頭辞 en- や em- を加えることで、「~にする」という意味を含む動詞になります。

 empower  力を与える

となります。これには「権利や権力を与える」という意味も含まれます。ゆえに、

 women's empowerment  
女性の権利拡大・女性の社会進出

などと訳されています。

同じような文脈でよく使われる別の表現もあります。

 female representation  女性が代表すること

よく国会や企業の役員などの中で女性が占める割合」のような意味で使われています

represent は「代表する」ですよね。

上記ツイートでも使われています。

With two women in Prime Minister Suga’s Cabinet, female representation is at 8.33 percent.
菅首相の内閣には女性閣僚が2人いて、女性が占める割合は8.33%になります。



形式的に女性の数を増やすことが目的になってはならないのは当然です。問題はその大臣の職を遂行するに足る資質を持っているかどうか。ジェンダーによる既成概念なしに人を選べるかどうかですよね。

菅さんはどういう論理で残りの18人の男性を大臣に選んだのでしょうか?