cannabisとmarijuana - 何が違う?

Cannabis,marijuana


参院議員会館の敷地で大麻草が生えているのが見つかりました。
なぜ厳しく規制されている大麻草が、立法府のド真ん中で生えていたのでしょうか?

「大麻」といえば英語的にはmarijuanaを思い浮かべると思いますが、cannabisという単語は知っていますか?
二つの違いは何でしょうか?

cannabis
or
marijuana?


実は、両者には決定的な定義の違いはないようです。どちらも「大麻」なのですが、cannabisはどちらかと言えば「植物種」として、あるいはよりフォーマルな大麻の呼び方のようです。
これに対してmarijuanaは「薬物」としての大麻を指す場合が多いようですが、植物としてのマリファナを指す場合もあります。


The difference between these two words is just that, a difference between words. There is no real evidence that there are any physical or biological differences between cannabis and marijuana.
これら二つの違いは、ただ言葉の違いです。カナビスとマリファナの間に物理的あるいは生物学的な違いがあるという確かな証拠はありません。
Cannabis is the real name of the plant, the scientific name. Cannabis comes in many different forms and genus. Marijuana however is a nickname of Mexican origin, coming from the word marihuana.
カナビスはこの植物の本来の名前、つまり学術的な名称です。ところがカナビスにはさまざまな形態や分類があります。マリファナはメキシコを起源とするmarihuanaという言葉に由来するニックネームです。


見つかった大麻草は発芽して2カ月ほどで、東京都の担当者が大麻草を抜いて処分しました。大麻草は風や鳥に運ばれて自生することがあるらしいですが、なぜ永田町だったのでしょうか。

epicenter or focus - 「震源」の意味

epicenter,focus

高槻の実家にまだ都市ガスが開通していないこともあり、地震関連のボキャブラリーが気になります。

今回は「震源」や「震源地」として用いられる2つの英単語を解説してみたいと思います。

epicenter
→地底にある震源を上空から見たときの地表点で、専門的には「震央」を指す
focus
→地底で実際に断層の破壊が発生した点で、専門的な意味での「震源」


一般に、日本語の報道では「震央」という言葉は使わずに「震源地」と呼んでいます。
また、普通の人は「震央」「震源」「震源地」の区別をせずに、全部「震源」ではないでしょうか?
地図上のX
は「震央」のことです。

The focus of an earthquake is the point where the rocks start to fracture. It is the origin of the earthquake.
地震の震源(focus)とは、岩が崩れ始める点のことで、地震の発生点を指します。

The epicenter is the point on land directly above the focus.
震央(epicenter)とは、震源(focus)から真上に伸びた地表点を指します。


地震学的な違いを踏まえた上でepicenter / focusの意味を英語で説明できれば、一目置かれるかもしれません。

Twitterで学ぶ英語 - トランプ・ツイート斜め読み(19)


不法移民の親子を分断して収容することが大きな人道問題となっていましたが、トランプ大統領は、このような親子を一緒に収容するという大統領令に署名しました。

国内外からの強い批判に屈した形と見られていますが、そんなイメージを与えたくないのでしょうか、トランプ氏はこんな動画をツイッターにアップしましたね。
Don’t worry, the Republicans, and your President, will fix it!
心配しないで、共和党と、みなさんの大統領が、解決します!


民主党の歴代の大統領や幹部が、声をそろえて不法移民の問題点を叫んでいますが、トランプ大統領はこのビデオをアップすることで、彼らが何も解決できなかったことを強調しています。

トランプ政権で、問題は解決するのでしょうか?

辞書にはのらない英語 - IR

IR.png

連日この言葉が聞こえてくると思います。
何のことかよくわからない方が多いのではないでしょうか?

IR
(Integrated Resort)
統合型リゾート


そう、IRというのはカジノ法案で出てくる用語なんですね。
政府・自民党は、日本でカジノを解禁しようとしていますが、高級ホテルやコンベンション施設、レストラン、バー、ショッピングモールなどを一緒にした「複合施設」のことです。

例文を見てみましょう。
Casinos will be part of “integrated resorts” that combine hotels and large event facilities
カジノは、ホテルや大型イベント施設を含む「統合型リゾート」の一部になるでしょう。

なぜ、こんな持って回ったことをするのかというと、「カジノ」=「賭場」を作りますとは大々的に言いたくないからなんですね。
なのでホテルや会議場と「抱き合わせ」にして、ラスベガスのようなイメージで賭博のイメージを薄めたいのです。

ギャンブル中毒への懸念は依然として払しょくされていません。

Many critics also warn that legalizing casinos will increase money laundering and the involvement of criminal gangs — issues brushed off by supporters who say such questions could be addressed.
反対派の多くは、カジノを合法化すれば資金洗浄や犯罪組織の関与が増えるのではと懸念していますが、賛成派はそのような問題点は対処されるとして取り合っていません。

政府与党は、国会延長を決めました。昨日衆院を通過したIR法案や、それを実施するための関連法案を成立させるためです。
地方自治体にとって、IRは巨大財源となりうるもので、導入に積極的なのはよくわかります。
しかし、社会的な害悪が発生すれば、それに対処しなければならないのもその自治体です。
ぜひよく考えてほしいですね。

辞書にはのらない英語 - 帰宅困難者

帰宅困難者

大阪でお勤めの方や通学のみなさんは、昨日は大変だったと思います。
都市を襲う大地震では、インフラが止まります。
「帰宅困難者」は英語でどう表現すればよいでしょうか?
帰宅困難者
People stranded with no way home

「家に帰る手段なしに、足止めを食らった人々」

ポイントはstranded足止めを食らった」「立ち往生した」という形容詞。
strandという他動詞が受身形になったものが形容詞化したものです。
この一語があると、ああ、困っているんだなぁというニュアンスがよく伝わります。
with no way homeは「家への手段がない」状態で、homeは副詞です。

これは一例で、さらにコンパクトにしたければ
People left with no way home
でもいいでしょうし、
People with no way home
でも通じるでしょう。

例文を見ておきましょう。

The quake left many commuters stranded at stations or on streets during the morning rush hour after disrupting shinkansen and other rail operations in western and central Japan.
その地震で西日本と中部日本の新幹線や他の鉄道の運行が乱れ、朝のラッシュアワーに多くの通勤者が駅や通りで立ち往生しました。

ここにあるように、
無生物主語+leave+人+stranded 
~が人を立ち往生させる
~のために人が立ち往生する
という形がよく出てきます。


いかがでしたか?
昨夜はJT本社でニュース処理をしていましたが、新淀川大橋なんて「歩いて渡るヤツおるんかい」という場所ですが、徒歩で帰っていく人々の映像が流れていましたね。お疲れさまでした。

引き続き都市ガスの供給が止まっている地域があります。現地のみなさま、もう少し耐えていただければ。