FC2ブログ

辞書にはのらない英語 - 現金給付

cash.png
頭が痛くなってきました!!

いえ、病気ではありません。安倍政権の危機対応の不甲斐なさに対してであります。昨日は「布マスク2枚配布」でずっこけました。

今日は「20万円」と言ってみたり「30万円」となったり、それも「所得や減少率などの条件付き」らしい。トラブルのタネになりそうです。

この「現金給付」ですが、英語ではどのように表現するのでしょうか?


 現金給付 
cash handout


 cash  現金
 handout  給付金・補助金

なのです。handout はもともと「手渡す」ということですが、政府などが国民に支払う給付金などをさす、ニュースでも普通に使われるきちんとした英語なのです。

また、名詞フレーズとせずに、動詞句として同じ意味を表すこともできます。
 provide  提供する
 give  与える
 pay  支払う

などの動詞を使って、
動詞+金額+前置詞 in +お金の性質
という形があります。

give 100,000 yen in cash
10万円を現金で与える

pay 5 million yen in compensation
500万円を賠償金として支払う

などです。あわせて覚えてくださいね。



 記事のポイント 

Prime Minister Shinzo Abe and his ruling Liberal Democratic Party agreed Friday that the government will provide ¥300,000 in cash to each household suffering from falling incomes amid the spread of the new coronavirus.

安倍晋三首相と与党自民党は金曜日に合意し、政府が新型コロナウイルスの感染が広がる中で収入が減少している1世帯あたりに、現金30万円を提供するとした。

・上記の「動詞+金額+in+お金の性質」のパターンが使われています。



毎日コロコロと政策が変わるこの政権。対応は容易ではないと思いますが、明日はどうなるのか、一国民として不安になります。

コロナ関連・英語ボキャブラリーまとめ (4)

matome4.png

今回はまとめの最終回です。

コロナ騒動から派生した社会現象が、いろいろありますね。それらが英語でどのように表現されるのか、おさらいしていきましょう。



 転売屋  scalper

 学童保育  after-school childcare

 たらい回し  shunt / turn away

 偽計業務妨害 
fraudulent obstruction of business



以上、4回にわたってお送りしました、コロナウイルス関連のボキャブラリーまとめでした。

今後、まとめの第2弾や第3弾が続かないことを、切に願っています

コロナ関連・英語ボキャブラリーまとめ (3)

matome3.png

今回は「日本語編」です!

コロナ関連ニュースで、頻繁に報じられたこれらのことば。パッと見では、とても英語になりそうにないと思われるかもしれません。



 再燃  reinfection

 濃厚接触  close contact

 不要不急  nonessential, nonurgent


4月1日になり、新年度の出勤者も増えたと思いますが、政府は緊急事態宣言を出すつもりはあるのでしょうか?


コロナ関連・英語ボキャブラリーまとめ (2)

matome2.png

前回に引き続き、コロナ関連の英語ボキャブラリーのまとめ (2) です。

当ブログでは、武漢でコロナウイルス騒ぎが発生した春節のあたりから、このニュースについて頻繁に触れてきました。

最近ではすっかりコロナの話題ばかりですが、単発でご紹介してきたコロナ関連の英語ボキャブラリーが蓄積してきましたので、この機会に整理しておきましょう。



 コロナ関連の頻出単語 

 quarantine  隔離・検疫

 epicenter  発生地

 panic-buying  買占め・買いだめ

 self-restraint  自粛

 social distancing  社会距離戦略

 telework  在宅勤務


いかがでしたか?

感染が未だ拡大局面にある中で、この手のボキャブラリーが尽きることはありません!

コロナ関連・英語ボキャブラリーまとめ (1)

matome (1)

当ブログでは、武漢でコロナウイルス騒ぎが発生した春節のあたりから、このニュースについて頻繁に触れてきました。

最近ではすっかりコロナの話題ばかりですが、単発でご紹介してきたコロナ関連の英語ボキャブラリーが蓄積してきましたので、今回はまとめです。



 物議をかもした「カタカナ語」 


 overshoot 
 爆発的増加(ほぼ使わない)

 lockdown  (都市)封鎖

 cluster  集団(感染)



 感染症に特有の英語の用法  

 strain  (ウイルスの)

 contract  感染する

 infectious  うつりやすい



感染症の専門用語としてしか知られていない単語ではなく、日常でもよく使う英語が感染症の文脈で使われるときにどうなるのか、その点に気を付けていただきたいと思います。

次回は、別の切り口でまとめたコロナ・ボキャブラリーをお送りします!