世界の旬な#ハッシュタグ - #PutStarWarsInOtherFilms

#PutStarWarsInOtherFilms

ツイッターを使っている方は多いと思いますが、フォローしているのが日本人だけだと、日本のことしか出てきませんよね。

アメリカではこんなハッシュタグが。



このタグの意味は「スターウォーズと他の映画をかけて面白いこと言ってみて」というような感じでしょうか。
ツイッターの世界はホント自由ですね。
ユーザーがスターウォーズでギャグをつぶやいたり、お気に入りのエピソードのシーンを数秒のカットにして貼り付けています。


Kylo & Stitch
これはダジャレレベルですね。Kylo Ren(スターウォーズの登場人物)とLilo & Stitch(ディズニー映画のリロ・アンド・スティッチ)をかけたもの。

Breakfast AT-AT Tiffany's
これはちょっと高度ですよ。
Breakfast at Tiffany'sはオードリー・ヘップバーンの有名な映画「ティファニーで朝食を」ですよね。
AT-ATは帝国軍地上部隊の兵器で、All Terrain Armored Transport「 全地形対応装甲トランスポート」の略だそうです。
これはスターウォーズマニアにしかウケない一句ですね。
でもいいねとリツイートがたくさん!


私も先日番組でStarWars関連をいろいろやりましたが、個人的にも楽しい回でした。
エピソード4-6は小学生の頃にやってましたね。
関連グッズが欲しくなったりして、今では懐かしい思い出です。

Twitterで学ぶ英語 - トランプ・ツイート斜め読み(13)

来月に予定されていたトランプ大統領と金正恩の米朝首脳会談が中止となりました。
もともと、どこまで実現するか不透明な会談でしたが、北朝鮮の核実験施設の廃棄などもあり、現実味を増していたさなかの展開です。

トランプ氏のツイートから拾ってみました。

I have decided to terminate the planned Summit in Singapore on June 12th.
私は6月12日にシンガポールで予定されていた首脳会談を中止することに決めた。

While many things can happen and a great opportunity lies ahead potentially, I believe that this is a tremendous setback for North Korea and indeed a setback for the world...
多くのことが起こりうる状況で、かつ潜在的にすばらしい機会が待ち受けている一方で、今回の中止は北朝鮮にとって甚だしい後退であり、また世界にとっても後退であると思う。

terminate 中止する、やめる
opportunity 機会
potentially 潜在的に
tremendous 甚だしい
setback 後退


イケイケ状態に思えた米朝関係の「雪解け」は、ひとまず踊り場にさしかかったという感じでしょう。
しかし、多くの外交専門家は、これは「ジャブの応酬の一環」かもしれないと見ていて、両者はまだまだ歩み寄りを演出する可能性があるということです。
6月12日は無理かもしれませんが、目が離せない状況と思います。
米朝の急速な関係改善にひやりとしていた日本は、この展開を安心材料と歓迎しているかもしれません。

辞書にはのらない英語 - いいね

いいね

「そういう新しい獣医大学の考えはいいね

ここ数日、このフレーズが耳について仕方ありません。
FacebookやTwitterの「いいね」にひっかけて報道されているのだと思います。

安倍首相の加計学園問題で、愛媛県が新たな文書を公開、これまでの首相の説明とは異なる面会の記録が出てきました。
加計氏が2015年2月25日に首相と15分面会したと記されています。加計氏が、今治につくる獣医学部では国際水準の獣医学教育を目指すなどと説明し、首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたとされています。

今回はいろんなシチュエーションでの「いいね」について考えてみましょう。

いいね
like

(FacebookやTwitter)
Great!
(一般的な会話)
GR8
(SNS投稿での"Great!")
a good idea
(安倍首相)


【like】
もうおなじみと思います。いいねボタンですよね。気になるのは、ネット上では$1で50 likesを販売するとか、タイミングや地理的なバランスも「本物らしく」見せかけてlikesを販売します、というような商売が結構みられることです。サクラを集めて、そこからまた客寄せや広告収入を目論んでいるのでしょうね。

【Great!】
これは「いいね、すばらしいよね」という日常会話ですね。たまに嫌味っぽく"Gee, that's great..."と首を振りながら言えば「もうたまらんわ、こりゃ」とあきらめの感じになります。

【GR8】
Greatの文字数を減らした短縮形です。ツイッターの投稿字数制限から来ているのでしょうか。8の発音が「エイト」なので「グレ・エイト」⇒「グレイト」と読んでください。

【a good idea】
安倍首相が加計氏に伝えたとされる「いいね」の英訳です。The Japan Timesによれば、以下の英文で紹介されています。

The document quoted unidentified Kake Gakuen representatives as telling Ehime officials that Kake had met Abe on Feb. 25, 2015, for 15 minutes.
その文書は、匿名の加計学園の代表者の発言を引用して、加計氏が2015年2月25日に15分間安倍首相と面会したことを愛媛県側に伝えたとしています。

Abe then told Kake that opening the department would be “a good idea,” according to a copy of the memorandum obtained by The Japan Times.

ジャパンタイムズが入手したその文書によると、安倍首相は、加計氏に対してそのような獣医学部を開設することは「いいね」と伝えたということです。

Implicit - 日大反則タックル問題の本質

 implicit.png

「やらないと意味がない」
「できませんでは済まされない。」
「分かってるな」

これに対する説明が
⇒「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていた」

ですから、選手は切り捨てられたのでしょうか。

日大アメフト問題で、悪質タックルをした宮川泰介選手が記者会見を行いました。20歳の大学生がよくがんばったと思います。

一連の経緯を見ていると、こういうボキャブラリーが思い浮かびます。

implicit
【形容詞】 暗黙の


implicitの基本的なコンセプトは、「直接は言っていないが、言外に含んだ~」ということで、
名詞⇒implication「暗示、含蓄」
動詞⇒imply「暗に伝える、ほのめかす」

というように別の品詞もあります。
ちなみに、implicitの反意語はexplicit「明確な、あからさまな」です。

ことばというものは、同じことを伝えるにも直接的だったり間接的だったり、いろんな言い方があるものです。
日大監督やコーチがおこなったのは、まさに「暗黙の命令」でしょう。

指導者側は相手に怪我をさせるようimplicit instruction「暗黙的な指導」を行っていたのであり、選手側はそれに従うしかないというimplicit obedience「絶対的服従」を強いられていたというのが、この問題の構図でしょう。
なお、後者のimplicitは「絶対的な」と訳します。いちいち命令しなくても、有無を言わさず服従させるという意味です。

体育会系にはごく普通にある話かもしれませんが、ルールに則るというスポーツの根幹を逸脱してしまうと、「儲かればいいじゃん」という悪徳商人と何ら変わりはありませんよね。

世界の旬な#ハッシュタグ - #MissUSA

#MissUSA

ツイッターを使っている方は多いと思いますが、フォローしているのが日本人だけだと、日本のことしか出てきませんよね。

世界に目を向けると、新しいものが見えてきます。



ミスUSAは、毎年春に開催されるミス・ユニバース機構が主催するミス・コンテストで、全米50州とコロンビア特別区の代表51名が争うコンテストだそうです。
今回は、ネブラスカ州のSarah Rose Summersさんが勝利。

ミスOOOなどのコンテスト(いわゆるミスコン)は、人を容姿で判断、あるいは伝統的な男女感覚に根差したものだとして避けられる傾向にあり、アメリカはそういう運動が進んでいるお国柄だと思うのですが、一方ではこういうの大好きですよね。
Miss Universeはもちろん、Miss Teen USAなどもあります。
女性も女性を美しいと思う、そんなコンテストなのでしょうか。
ちなみに、白人系だけでなく、アジア系やアフリカ系アメリカンも選ばれています。


「美人コンテスト」という表現について、
beauty contest
に加えて、これも覚えておきましょう。
beauty pageant
pageantというのは、「(大勢が参加する壮麗な)ショー」という名詞です。beauty contestよりもネイティブらしい高度な語彙です。


ミスコン自体を批判するのではなく、「ミスター・コンテスト」もやったらいいんじゃないの、という考え方もあるようです。
日本でも最近そういうイベントが増えているようです。
「ミスター・コンテスト」検索結果
いずれにせよ、個人的には中身よりも外見による人気投票のような気がしますが。。。